ただ日々を記すもの

意識高めを装うことができます

S3を使ったdockerイメージ共有

プラベートレジストリの作成

docker pull registry:2.0 # registryイメージをpull
docker images # registryがpullされたを確認する

S3を指定してのプライベートレジストリ起動

  • アクセスキー: ABCDE
  • シークレットキー: xyz
  • Region: ap-northeast-1 (TOKYO)
docker run -d \
--name registry \
-p 5000:5000 \
-e REGISTRY_STORAGE=s3 \
-e REGISTRY_STORAGE_S3_ACCESSKEY=ABCDE \
-e REGISTRY_STORAGE_S3_SECRETKEY=xyz \
-e REGISTRY_STORAGE_S3_BUCKET=[バケット名] \
-e REGISTRY_STORAGE_S3_REGION=ap-northeast-1 \
-e REGISTRY_STORAGE_S3_ROOTDIRECTORY=/v2 \
registry:2.0

アップロード用イメージの作成

Dockerfileを作成

FROM centos:latest
RUN yum -y install httpd
CMD ["/usr/sbin/httpd", "-D", "FOREGROUND"]

dockerイメージ作成

docker build -t webserver .

アップロード

docker tag webserver localhost:5000/httpd
docker push localhost:5000/httpd

これで、設定したS3のバケットにDockerイメージがpushされている

【CSS】aタグの下線をなくす方法

aタグにはデフォルトで下線が設定されていますが、デザインの関係上その下線を取り除きたい場面も多々あると思います。

今回はその方法を紹介。

text-decorationの設定

デフォルトのaタグは以下のようになります。

f:id:RONKUN:20180422114218p:plain

そこで、text-decorationというプロパティを設定します。 デフォルトでは、underline が設定されているので、今回はそれを none に。

a.link {
  text-decoration: none;
}

f:id:RONKUN:20180422114510p:plain

これでOK。

おまけ

aタグ以外の要素にもtext-decorationは設定可能です。
pタグとdivタグに設定するとこんな感じです。

f:id:RONKUN:20180422114741p:plain

ターミナルの背景をポケモンに!

手順

  • Hyperのインストール
  • Hyper-Pokemonプラグインの適用

Hyperをインストール

ターミナルエミュレーター のHyperをインストールします。

brew update
brew cask install hyper

インストールが完了したらHyperを起動します。

プラグインの適用

Hyperを起動すると、.hyper.js ファイルができているのでそれを編集して行きます。

まずは、configに以下を追記し、

config: {
    //...
    colors: {
    //...
    },
    pokemon: 'gengar', // Define your favorite pokemon theme
    pokecursor: 'true', // Activate your theme's pokecursor
    pokemonSyntax: 'dark', // Define the color of the terminal tabs
    unibody: 'true', // Define the color of the Hyper window header
    poketab: 'false', // Deactivate your theme's poketab
    //...
}

plugin: []のところに、

plugins: ['hyper-pokemon'],

を追加すれば完了です。

f:id:RONKUN:20180405223033p:plain

pokemon: 'random', にすれば起動のたびに出現するポケモンが変わります

【CSS】擬似要素

  <p class="first-line">aaaaaaaaa</br>
     bbbbbbbbb</br>
     ccccccccc</br>
     ddddddddd</br>
  </p>
  <p class="first-letter">aaaaaaaaa</br>
     bbbbbbbbb</br>
     ccccccccc</br>
     ddddddddd</br>
  </p>

:first-line, :first-letterを使用

最初の行のみ、最初の文字のみスタイル変更することができる。

    p.first-line:first-line {
      color: red;
    }
    p.first-letter:first-letter {
      color: orange;
    }

結果

f:id:RONKUN:20180405203627p:plain

:before, :afterを使用

選択した要素の最初、最後の子要素として擬似要素を作成。 content プロパティが必要。

    p:before {
      content: "before";
      background-color: red;
    }
    p:after {
      content: "after";
      background-color: orange;
    }

結果

f:id:RONKUN:20180405204406p:plain

Divelog

プライバシーポリシー

Divelogは、ダイブ情報を作成、保存、編集できるモバイル・アプリケーションです。

個人情報保護方針

以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底することにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

ユーザーの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

アプリ利用には、メールアドレスとパスワードによる登録が必要ですが、この認証情報は、ユーザーがアプリを利用することを可能にする目的以外では利用いたしません。 メールアドレスに関しましては、アプリ運営者からのご連絡やご案内に使用する場合がございます。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、ユーザーよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 - ユーザーの同意がある場合 - ユーザーが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合 - 法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策

個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じます。

ご本人の照会

ユーザーがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ

不明点等御座いましたらいつでもご連絡ください。